日向坂46加藤史帆×齊藤京子、最強のシンメ“としきょん”についての記事が『リアルサウンド』にて公開中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

日向坂46最強のシンメといえば”としきょん”ですよね!

そんな多くの人から愛されるとしきょんについての記事がリアルサウンドさんで公開されているので,シェアしようと思います.

この記事では,としきょんこと加藤史帆さんと齊藤京子さん,また小坂菜緒さんとの関係性についても触れられています.

加藤は「ハッピーオーラ」で、齊藤は「それでも歩いてる」「NO WAR in the future」でセンターポジションを経験した。歌唱力も表現力もグループの中でトップクラスを誇る。当然、アイドルとしてデビューしたからには“人より目立ってなんぼ”という考え方もあるだろう。しかし、「坂道合同新規メンバー募集オーディション開催」のアナウンスがあった頃、加藤はスタッフに対して「私、次の曲は2期生がセンターでもいいと思っているんです。だってかわいい子が真ん中にいたほうががいいじゃないですか。私は後ろからその子を支えてあげたいなって思います」と本心を打ち明けたという。その言葉でスタッフの考え方が変わったかまではわからないが、日向坂46改名後、全てのシングル表題曲でセンターを務めたのは2期生の小坂菜緒だった。

としちゃんがいかにグループのことを思って活動しているかがよく分かる部分です!

自己肯定感が低すぎて逆に心配になってしまうこともあるとしちゃんですが,その裏には,「グループを大きくしたい」という強い気持ちがあるんだなということを感じさせられます.

このように自分のことだけでなく,周りのことをしっかりと考えられるメンバーがいるというのが,日向坂46の強みになっている気がします.

これからのとしきょんのさらなる活躍に期待ですね!どこまで突き進むのか楽しみです!

画像引用:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/35292
https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/34204

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る